日々のこと

2016.01.05 Tue

title : 新年と大阪

新年あけましておめでとうございます。

年末は富士で蹴り納め。

IMAG3714

年始は大阪の実家に子どもと帰省していました。

IMAG3779

 

西日本で最も高い建造物。あべのハルカスに行ってきました。

60階建て 地上300mからの景色は大阪を一望できます。

人はどこまで高い建物をつくるつもりなのか?

いずれは月までいくのかな?

そんな想像を駆り立てるほど非日常的な景色でした。

それとは対照的な新世界のど真ん中にある通天閣

IMAG3786

 

 

 

 

 

 

 

 

現在あるのは2代目です。

初代は火災が原因で強度不足となり

その後鉄材を軍事資材として献納することで解体されました。

エッフェル塔を模しているといわれ大阪発展の象徴でした。

現在は大阪ではディープな場所となり

幼少時代は母親に

「危ないから行ったらあかん。」

「あそこは大阪やけど大阪ちゃう。」(どういうこっちゃ?)

などよく言われてました。

当時の僕にとっては

それは制止するどころか余計興味をあおるものでした。

自分の足で初めて行ったのは確か大学生の時だったと

記憶してますが見るものすべてが衝撃的で五感が震えあがり

すごく気持ちが高揚しました。

そんな場所に息子を連れて歩くとは

夢にも想像してませんでしたが

なぜか感慨深かかったです。

子どもには色々な経験をさせてやりたいと思っています。

そこから自分の夢や目標、生き方を見つけてくれればと願っています。

それにしても大阪はやっぱり大阪でした。

これからももっと大阪らしく発展していってほしいなと思います。

いつか自分が生まれ育ったまちで何か役立てる日を

ついつい夢見てしまったお正月でした。

今年もよろしくお願いいたします。

 

 

back to home
contact