日々のこと

2021.06.28 Mon

title : いい塩梅。

この仕事は感覚的に頼る部分がまだまだ多いです。
空間をつくる事前の段階もそうですが
現場が始まってからも感覚的な部分で
つくっていく部分が多々あります。

お客様とイメージを共有するために
パースや模型を作成したり、現場での打合せを行うなど
ありとあらゆる手段を使います。

最終的には私たちの熱意や能力を信じていただいて
「いい塩梅」になるように任せていただいてます。

この「いい塩梅」の部分にその会社のセンスが
集約されてると思います。

情報を入手してそれに極めて似せることは
可能だと思いますが、そのまま真似すると失敗します。
その家の雰囲気にカスタマイズしないと違和感が生まれます。
そこでの調整力、編集力が空間の良し悪しを左右します。

ここはどこまでいっても感覚的な話になるので
教えるは非常に難しいです。

常日頃からいい空間を体感し、デザインに触れることで
培われる能力です。
より多くの方に共感いただけるように
頑張っていきます。

back to home
contact