日々のこと

2021.03.17 Wed

title : 家の価値を考える。

先日『趣味と暮らす』のお引渡しがありました。
どこ1つとってもオリジナルばかりのすごくいいお家です。
正直すごく難しい現場でしたが
楽しくお仕事させていただいて
オーナーさんには本当感謝しかありません。
この場をお借りして改めてお礼申し上げます。

話は変わりますが、今日は「ローコスト住宅」について
ここで言うローコストとは45万/坪以下を指します。
これまで価格は抑えてつくったことはありますが
ローコストの住宅をつくったことはありません。
何故なら以下の条件をクリアする必要があるからです。

1.安価な材料を使う。(けど広告などを利用し、さも高級にみせる。)

2.人件費を落とす(人件費を落とされた職人さんはモチベーションが下がり手を抜きやすい環境がうまれやすい。個人差あり。)

3.会社の利益を落とす(薄利多売になり設計や監督が多棟数やることになり現場を把握しきれなくなる。)

上記をクリアしないとローコストで良い住宅を建てるのは困難です。
そして仮にクリアしたとしても果たして
息の長い経営ができるのでしょうか?

これからは建築もDX化にともない
人材不足の解消や、経費削減が可能といわれてますが、
建築は就業人口の年齢層を考えると
浸透するのはまだ先のような気がします。

現段階において質の高いローコスト住宅を
作るのは厳しく、無駄に大きいお家をたててお金をかけるより
コンパクトにして総額を抑える工夫が必要になります。

ondesignのスタンスとしてはできるだけいいもの
を使っていただき、職人さんに対してもしかっり
頑張っていただける環境をつくり
オリジナリティがあり、それぞれのオーナーさんに
寄り添うお家づくりをしていきます。

 

 

back to home
contact