日々のこと

2016.12.07 Wed

title : 地盤改良って何?

週に1度はブログを書くと心に誓ったにも関わらず
また月日が流れてしまった。
12月突入。
寒いの嫌いです。
というか年齢を重ねて苦手になりました。

私たちのような小さな設計事務所は時間もお金もないので
地道に発信し続けることが大切なのに。。。
目の前の仕事のせいにしてはついついブログを書かない言い訳を探してます。(笑)

今回は地盤のおはなし。
できれば土地にお金をかけず理想の建物を建てたいと思うのが本音。
しかし安心できる地盤があってはじめて理想の家づくり。
現在着工している敷地は、元々畑で土を埋め戻したりしたこともあり
少々地盤が弱かった部分がありました。

そこで行うのが「地盤改良」
工法の種類はいろいろあるのですが今回採用した工法が
「天然砕石パイル工法」
私自身もはじめての工法で比較的新しい工法です。
imag3310

 

 

 

 

まず地盤に孔を堀り

imag3312

 

 

 

 

 

その孔に砕石を詰め込み

imag3314

 

 

 

 

 

石柱を形成する。

特長としては
1、地震や東日本大震災の際に問題になった液状化現象に強い。
2、天然素材を使ってるため環境にやさしい。
3、既存の工法と異なり、将来の撤去時に産業廃棄物にならないため土地の資産価値が下がらない。

以上が大きな特長です。

快適性やデザインはすべて安心の上に成り立ってます。
ここを怠るわけにはいけません。
家づくりをしていると毎日悩んでいるのが「バランス」
毎回現場や机の上で苦悩しています。
これは自分のエゴではないか?住まい手のことを十分に考えているのか?
現場の意見を尊重すべきか?自分の考えを貫くべきか?
24時間頭ん中をグルグルしています。
そして迷ったときに立ち返るのが「安全」と「心地よさ」
たぶんこの2つが住まい手にとって最も大切な要素だから

でも住まい手だけでなく周りからも「いい家だね。面白い家だね。」って
言われたい~。
みんなから認められたい~。
と思うから日々勉強。
一見自己中心的にみえるかもしれませんが
みんな評判のいいところに任せたいと思いますよね??

話は変わりますが年明けから築35年のマンションのリノベーションを開始する予定です。
とはいっても私たちの事務所なんですが。。。
またブログで報告させていただきます。

imag3316

back to home
contact